きーたんのブログ

Oisix(オイシックス)がサラダデリバリーオフィスを始めたって

      2015/11/22

先日の14年3月期の決算で見事創業から13期連続増収という、食品通販大手のオイシックス。ただし、期初予測からは大幅に下ぶれており会員数も伸び悩んでいるというのが現状のようです。
しかし、会員数の伸び悩みが原因ということで、早急に新しいサービスをローンチさせる当たりはさすがだなぁ、というのが正直な感想。経営のスピード感って意思決定力はもちろん、ある程度の資金力が無いといかんともしがたいというのを肌に感じる今日このごろ…。

さてさて、そんなオイシックスさんの新しいサービスは、

「サラダオフィスデリバリー」
saladaoffice

(引用:オイシックスHPより)

簡単に説明すると、有機野菜や特別栽培の野菜を使ったサラダをランチ用としてオフィスに届けるというもの。
単価としてはレギュラーサイズが800円、ミニサイズが600円というちょっとお高めなお値段。

普通に考えたら、いくら東京都心向けのサービスとは言えちょっと高い。
NewsPicksのコメントを読んでも、ぼくの感覚がズレてるわけではないというのも実感。
オイシックスが新事業 — オフィスのランチ向けサラダをデリバリー

でもそんな誰でも高いと思ってしまうようなこのサービスが全く無謀ではないと思わせるところが、このサービスが

「BtoEのサービスであること」

BtoEとはBusiness to Employeeの略で従業員向けのサービスのことですが、ここを狙って高付加価値型の野菜を販売してるというのはうまいですよね~。

個人的に買うのはちょっと高いけど、会社の福利厚生としてだったら手が出しやすくなる。
企業としても、そういったものを扱うことで健康志向の従業員の方も喜ぶし、イメージも良くなるのでいいことづくめ。

 

農業を事業化する上で「単価を上げる」というのは非常に有効な手段で、生産現場のストーリーを付加価値にっていう話しもあるんですけど、やっぱりそれって消費者層が限られる。

そう考えると企業に対して高付加価値の野菜を売る仕組みづくりというのは本当にうまいな、と改めて感じます。
東京ならではのサービスではありますけど、どこまでのヒットになるのか気になるところですね。

 - トピックス, 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

笑ってコラえて!の「日本列島ダーツの旅」で新庄村が登場!

テレビをほとんど見ないぼくでも知ってる「笑ってコラえて!」の有名企画「日本列島ダ …

グーグルの研究部門Google Xのトップが「農業には大きなチャンスがある」と発言

先日、グーグルの研究部門Google XのトップであるAstro Teller氏 …

野菜が売れません!どうなってるの??

どうも、師走にぎっくり腰になってしまい心身ともに凹んでおります…。 どうやら車の …

もうすぐ岡山の新玉ねぎは最盛期!

一口に新玉ねぎと言っても、全国的にみるとかなり出荷開始時期は異なります。 どうや …

1万円以下で土壌測定してくれて、さらにスマホにデータを蓄積してくれるツール

ちょっと前のニュースになるんですね。 スマホやタブレットと連携して動く機械メーカ …

牛窓オリーブ園行ってみたら意外とよかった話

今日はまだ2月なのに、初春の陽気で気持ちよかったですね〜。 ぼくの住んでる西大寺 …

減反廃止生き残る農家はどれくらいいるのか…

先日、減反政策廃止のニュースが大々的にとりあげられていました。 http://w …

「earth music&ecology」は岡山の会社って知ってます?

女性なら買ったことはなくともかなりの人が知ってる人であろうブランド  「eart …

OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)のローンチで思ったこと

野菜というキーワードがつくニュースには敏感になってしまうのは職業柄ですね…。 最 …

岡山の人は全員1度は読んだほうがいい!《吉備国 「農」の風景》

先日、両備ホールディングスのとある方々とお話させていただく機会があったんですが、 …