きーたんのブログ

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

      2015/11/22

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目
http://blogos.com/article/97146/

つい最近の記事ですが、イオンの子会社「イオンアグリ創造」が埼玉県で水田11ヘクタールを借りコメ生産を開始する予定。さらに2020年までに100ヘクタールを借り上げることを目指しているとのことです。

量販店がほぼ直接米生産を行うのは初めてですかね。
トップバリューのお米はすでにありますが、これは自社農場ではありません。もし今後イオンがトップバリューのお米を順次イオンアグリ創造の作ったお米を扱うことになるとすると、これまでの契約農家(もしくは契約業者)はかなり大口なお客さんを失うことになります…。

日本ではだいたい米流通量の45%程度が自家消費となっており(外食・中食は33%)自家消費の大半は量販店で購入していると思います。

komegraf

稲作はとにかく機械にお金がかかるので(数百万、1千万円オーバーの機械はざら)大規模経営の方がメリットを出しやすいと言われてます。そして野菜ほど手をかけなくても商品になりやすいという側面もあります。ということは熟練の技術がなくても、土地と資金さえあれば規模拡大がしやすくなってます。(逆に野菜や果物の方が技術が必要とされているので、規模拡大は難しいとされてます。)

だからといってただ資金力のある会社がお米を作ったとしても、今は日本全体で見れば圧倒的に米の消費量よりも生産量の方が上回ってしまっているために、相場も下がっており利益を出すことは難しい…。
しかし、イオンがもし子会社に対して自社に必要な量を計画的に作ることができれば生産から販売まで安定して行うことができます。

これまでは企業の農業参入が農地の借入でいろいろと難しかったという問題がありましたが、以前よりも企業が農地を借りやすい制度に変わってきていますし、内情的にもそういう流れがどんどん進んでいくと考えられます。

イオンが自社生産米の生産販売でうまくいけば、他の量販店も追随していくのは必然なので、これまで量販店にお米を納品していた生産者さんや業者さんは今後より一層シビアになっていくでしょう。
米流通量の半分弱がもし全て販売者の自社生産に置き換わってしまったら、既存の中間業者はほとんどが淘汰されるでしょう。

だからこそ「聖域を犯す」という表現になっているんだと…。

 

国から言われたものを作る、県から言われたものを作る。

 

昔はそんな農業でしたが、今はそんな時代じゃないですよね。
誰に売るのか…。そのお客さんは何を求めてるのか…。競合はどういう動向か…。

僕自身もそういったものを考えていきながら、生産者の方と話しをしていけたらと日々勉強中です。

 

 - トピックス, 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岡山の観光農園「七区いちご園」のいちごがスーパーに並びます!

先日、七区いちご園さんからお問い合わせをいただき、商談にお伺いしてきました。 ⇒ …

自動運転カーで物流革命が起きる

僕は結構Facebookとかやってて野菜や果物の写真をアップしてるので、なんとな …

無農薬栽培の野菜は農家を滅ぼす

みなさんは農薬を使った野菜と無農薬の野菜とだったらどっちを食べたいですか? ぼく …

美星町で作ってもらった思い入れ深いカリフラワー

消費者にとってはブロッコリーの方が馴染みもあって、意外と苦手な人も少なくない。 …

ハウス栽培の岡山県産パプリカはかなりレア!

岡山の野菜の特産品といえば、最近は「黄ニラ」が業界内ではだいぶ知名度があがってい …

no image
消費者ニーズを知りたきゃキャバクラに行け!

僕の知り合いで農業関係の会社の代表をされている方が、しょっちゅうキャバクラに行く …

Amazonと警察の感動的な対応にやられました…

最近Amazonが日本に税金納めてないだの再販契約違反をしてるなどといろいろとニ …

野菜セットがドローンで届けられたらいいよね

すみません、だいぶブログ更新がご無沙汰してました。 いろんなところで「ブログ読ん …

野菜が売れません!どうなってるの??

どうも、師走にぎっくり腰になってしまい心身ともに凹んでおります…。 どうやら車の …

Twitterの可能性 「だいすき日本」の活用法がツボった

2年前からネットで話題だったようですが、恥ずかしながらこのお店を初めてしりました …