きーたんのブログ

美星町で作ってもらった思い入れ深いカリフラワー

      2015/11/22

DSC_6379

DSC_6383

消費者にとってはブロッコリーの方が馴染みもあって、意外と苦手な人も少なくない。
でも、サラダとかに使うと彩りにもなるし、僕はカリフラワー独特の風味と食感がいいと思ってます。

実はこのカリフラワー。
美星町で今シーズンから就農された方に「どんな野菜作ったら漂流岡山さん買っていただけますか?」と相談をされたのが今年の夏。畑の規模などを考え、また美星町では比較的カリフラワーを作っている農家さんが多いことから、「カリフラワー欲しいんですよ〜」と栽培のことも知らずにお願いしたわけです。

ただうちの技術顧問の先生に話しを聞いてみると、「ブロッコリーの方が作りいいんですけどね〜(苦笑)」とのお返事…。
あれ?ちょっと初めて農業される方に無茶なこと言っちゃった、ぼく…?

いや、そんなことはない!そのために先生に密着指導してもらおう!
ということで、ちょうど美星町は先生の実家に近いので最低でも2週に一度は現地を見に行っていただき、電話でもいろいろと対応していただきました!

今年は台風に頭を悩まされましたが、なんとか無事収獲を迎えられました!!
金曜日に初収穫の現場に立ち会ったんですが(当日いきなり来て欲しいと言われたので、もう外は真っ暗携帯の電波もほとんど入らない山の中で一緒に出荷調整作業をしていました…、そのため写真が取れませんでしたm(_ _)m)

いや、それにしても本当に一年目でしっかりと結果を出していただけたことに、本当に嬉しく思います!
先生と二人三脚であったにしても、やはり実作業はお一人でされているわけなので本当にいろんな苦労があったと思います。

ぼくもいろんな方のところで、「あれ作って欲しい」「これ作って欲しい」と販売側の意向を重視して生産依頼していることで、生産者の方に負担をかけてしまっているなぁ…、と感じていることも多かったのでこの成功(おそらく秀品率8割以上、一年目でこれは僕にとって大成功)は本当に嬉しかったです。

女性1人で他にもいくつか野菜を作られている中、漂流岡山のために植えていただいたカリフラワー1000株。
だいぶ涼しくなってきているので、2〜3週間かけて収獲になるかと思います。
まだまだ数は少ないので「すべての取引先にまんべんなく」という販売は難しく、WEBで販売するにはちょっと入荷が不安定なんですが、個別に連絡くださった方には極力お届けできるようにいたしますm(_ _)m

 

というわけでいただいたカリフラワーで、クラムチャウダー作ってみました。
作ったといってもキャンベルスープの缶詰に牛乳とカリフラワーや白菜、玉ねぎを入れただけですが(^_^;)

DSC_6397

クラムチャウダーのしっかりした味にも負けないカリフラワーの風味。
昨日採ったばかりなので香りもまだまだしっかり残ってました!

やっぱり野菜は鮮度が大事ですよ、本当に!

 

 

産地直送 岡山産 新鮮 卵入り野菜セット(野菜8品目)
岡山野菜
売り上げランキング: 67,992

 - 農業のこと , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岡山県高梁市のつくね芋を山かけ丼でいただきました!

つくねいもって個人的には馴染みがないな~、って思ってたらどうやらおもに関西で採れ …

美作金時園のSUKIYAKI「勝央金時ネギ」を見てきました!

今日は岡山の県北、勝央町の生産者の方にお会いしてきました。 今日お会いした方は、 …

農業の若手は○○歳から

皆さんにとって「若手」って何歳くらいですかね??ぼくがこの業界(農業)に入るまで …

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目 http:/ …

いよいよ始まりました!露地栽培の岡山県産の桃が初収穫!

さて、みなさんお待ちかね!ついに桃のシーズンが始まりました! 「え?岡山の桃って …

岡山で春のカブは希少野菜!?

皆さんはカブって食べますか?僕は結構好きで出汁で炊いたり、生で食べても独特の風味 …

野菜の規格外品を流通させても誰も喜ばない

ちょっと前ですが、Facebookのタイムラインを見ていたら、こんな記事が目に止 …

農業はビジネスチャンスの宝庫!?

ちょっと前ですが農業のIT化が進まないことをブログで書きました。 絶対に便利にな …

no image
シルシルミシルさんデーの全国スゴすぎスーパー大調査が面白かった!

前は全然テレビ見なかったんですけど、最近意外とテレビを見るようにしています。 受 …

「社会起業家が〈農〉を変える」を読んで、改めて二人の凄さを実感

なんとこの本の著者3名のうち2名が何度も仕事でご一緒させていただいているという、 …