きーたんのブログ

ナスも植物、生態を理解しないとうまく栽培できないんです

   

岡山では千両茄子という品種が有名ですが、それは基本的にハウスで栽培されています。ハウス栽培なので、加温して秋から初夏までが収穫期間。

でも一般的にはナスと言えば夏野菜。特に施設を必要としない露地栽培では7〜8月が出荷最盛期。

ぼくも自分で栽培はしないにしても、さすがに2年もいろいろな野菜生産者の方と話しをしていると段々野菜の作り方がわかってくるわけでして、今回はそんな野菜作りの中でも「基本中の基本」の考え方についてちょっとお話しようと思います。(と言っても、そんな基本的な話しを今回ボクも初めて知ったんですけどね〜)

 

さてさて、今回お話を聞かせてくださったのは赤磐市でいろいろと野菜を作っている藤原さん。
就農して5年目ですが、すでに研修先として任されたりと期待の若手。もともとこの赤磐市、果物や稲作の多い地域なので野菜を作る若手が非常に少ないという現状もあります。

こちらが藤原さんの畑。
程よく草が残っています。これでも周りの農家さんからすると草が多いとのこと。
ただ、藤原さん曰くこれで草を無くしてしまったら、そこにいる虫が全部ナスにつくからこれくらいでちょうどいいらしいです。
ナスに悪影響がないことには余計な労力は使わない。なるほどです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

研修先にも選ばれるくらいの藤原さん、苗屋さんからも「これ試しに植えてみてくださいよ〜」という声がかかるらしく、4種類試験的に栽培しているみたいです。

どれもまだちょっと実がつくには早いので、収穫時期になったらまた行ってみようと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

唯一、この「白ナス」だけが実がついてました!
白なす食べたことないので味が気になりますね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

で、畑を歩いていたら驚きのものを発見しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大ナス!!ざっと23cmくらいはありました。
大きさで言うと大したことなさそうですが、見た目のインパクトはすごかったです!

食べてみたいと言ったら採ってくれました〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いや、本当にでかい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに普通に食べられるみたいで、味も悪くないんです。
見た目のこの通り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

どうやらナスもほっとけばまだまだ大きくなるみたいです。

でも今回見せてもらったのは、ただ放ったらかしにしてたわけじゃなくてちゃんと意図があるみたいです。
それは、

「意図的に木を弱らせたかったから」

野菜作ったことない人にとってはなんのこっちゃ分からないですよね?
ナスのような果菜類の野菜は木にが大きくなって花がついてそれに実がつくわけですが、放ったらかしにしてしまうとなかなか農業としてはいけないわけです。

そもそものところで、こういった果菜類は「木の成長」と「実がつく」というのは植物にとってはある意味反対の成長をしているわけです。

「木に勢いがある=まだまだ若くて自分がどんどん成長したい」

「実がつく=子孫を残すために、実をつけて種を落とす」

つまり、木に勢いがつきすぎると実がつかないんです。だから適度に木の勢いを落としてあげる必要もあります。
その一つの手段が「植物に実を太らすために栄養を使わせることで木の勢いを抑える」というわけです。

逆に木が弱りすぎすといい実がつかないので、弱らせればいいってもんじゃないんです。

これが農業の難しさ。家庭菜園とは違う部分の一つですね。

 

こういう努力があってぼくらも美味しいなすが安くて不自由なく食べれるということを考えると有り難みもプラスされますね!

 - 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

いよいよ始まりました!露地栽培の岡山県産の桃が初収穫!

さて、みなさんお待ちかね!ついに桃のシーズンが始まりました! 「え?岡山の桃って …

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目 http:/ …

野菜セットがドローンで届けられたらいいよね

すみません、だいぶブログ更新がご無沙汰してました。 いろんなところで「ブログ読ん …

水耕栽培の難しさを痛感…

農業は収益が安定しないことから、企業参入が難しいとされていますが、昨今は施設栽培 …

生鮮ネット宅配Amazon Freshは成功するのか?

アメリカでも「生鮮食品のオンライン販売は最後のフロンティア」と言われてるようです …

no image
なぜ農業はIT化が進まないのか…

農業関係者の方にとって「IT化」というのはどういったことが思い浮かぶでしょうか? …

夢の扉+で植物工場の野菜が取り上げられてましたね

一般的に植物工場で栽培された野菜は初期投資がかなりかかることもあって、野菜の価格 …

OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)のローンチで思ったこと

野菜というキーワードがつくニュースには敏感になってしまうのは職業柄ですね…。 最 …

野菜生産者の方は栽培計画は入念に

昨日は岡山県中央部にある山間ののどかな場所、吉備中央町の吉備高原ファームさんに行 …

ミニ白菜「お黄にいり」(タキイ種苗)の栽培について打合せをしてきました

一般的な白菜というとだいたいスーパーでよく見るサイズは2Kg~3Kgくらいのもの …