きーたんのブログ

農産物の規格外品じゃ儲からない、だけど…

   

昨日書いたキャベツの話しが思いの他反応が多くて、ブログをリニューアルしてからトップのアクセス数となりFacebookでも67いいね!がついてました。読んでくださった皆様、いいね!押してくださった方、ありがとうございますm(_ _)m

さてさて、昨日の記事をUPしてからいろんなところから「キャベツ欲しい!」という声をいただきました。僕が消費者だとしても、ぜーんぜん割れてるキャベツでも嬉しいです…

「安いなら」

でもたぶん…
いや絶対にスーパーで新鮮で見た目も良くて美味しいそうなキャベツと、割れたキャベツが同じ値段で並んでたらキレイなの買うと思います。

そこで流通側からすると、「じゃあどのくらい安かったら割れたキャベツ買いますか?」という話しになります。半額ですか?10円引きですか?もちろんそこに答えは無いです。

「畑に鋤きこむよりはちょっとでもお金にしたい生産者」
「どうせ味が一緒なら見た目気にしないから安く買いたい消費者」

間違いなくここを結びつければ価値は生まれます。
いかにコストをかけずに規格外品を流通できるか、という部分でまだ漂流岡山には足りないものが山ほどありますが、生産者の下支えという意味では避けて通れない部分だとも思います。

こんなことについて本気で話し相手になってくれる方募集中です(笑)

もちろん、規格外品を作ることを目的にはしたくないですけどね(^_^;)
次の白菜はうまく育ちますように…

白菜畑

ではでは!

 - 農業のこと

Comment

  1. どんちゃん より:

    う~~~ん
     
    なんでしょう。。。
     
    価値が生まれそうで生まれないから定着しないのかな ?
     
    「鋤き込むよりお金にしたい」
    とも言えますが、畑から獲り出して園から送り出すのに
    もっともコストがかかってる場合
    お金にしようと収穫作業にかかった時点で「お金になる最低価格」
    が跳ね上がってしまい 見た目の良い野菜との価格差がなくなり
    優位性を失ってしまうのだろか ??

    • きーたん keyturn-meet より:

      どんちゃんさん>
      最近生産者の方にとっての費用対効果というのが品目毎に異なるということを意識させられてます。キャベツはある程度消費者に届く際の形に調整するまでにさほど手間はかからないですが、例えばほうれん草などの葉物の場合は小さな葉をつんで軽量して袋詰して、などかなり時間を要します。
      そこを個人事業主として時給という概念をいある程度無くして考えるのと、組織として人件費まで考慮するのとでもまた話しは違ってくると思います。
      どんちゃんさんの仰るとおりで、いずれにせよコストが合わないんだと思います…。現状の農産物販売においては絶対的に物流コスト(商品化まで含めた)がボトルネックだと感じています。

  2. どんちゃん より:

    きーたんさん  どうもです !!
     
    なんかいろいろ気付かされたところがあります。

    実は吾輩も「鋤き込むより金にしたい」
    と、思っておりましたが
     
    いざ現場で選択を迫られると「鋤き込む」を選ぶことに
    抵抗がない。。。
     
    そこのところにあまり考えたことはなかったけれど
    今思えば
    「金もほしいが時間もほしい」
      (個人的ですが。。。)
     
    時間的に裕福なら、安い野菜を望む消費者の方々に
    規格外野菜を用意して農園の小遣いにするのも「あり」 !!
     
    時は金なり  ですかね ??

    • きーたん keyturn-meet より:

      >どんちゃんさん
      時は金なり、まさにその通りだと思います!
      規格外品をお金にするよりも次の作目に専念して秀品率を高める方が効果的な場合もあると思いますし、逆にのんびりくだらないテレビをみながらお菓子をつまんでる時間があるなら少しでもお金にしたほうがいいかと思います。
      「時間あたりの生産性」というのは農業に限らずどんなことでも意識した方がいいですよね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知らなきゃ損する!意外と知らないベビーリーフの秘密!!

みなさん「ベビーリーフ」って何者か知ってますか??? ・・・ 実は!!

希少な!?岡山県産のデ◯ポン?入荷しました!

岡山県の果物といえば「桃」「ぶどう」この二つが全国区で、他にはイチゴや柿、梨が作 …

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目 http:/ …

岡山の人は全員1度は読んだほうがいい!《吉備国 「農」の風景》

先日、両備ホールディングスのとある方々とお話させていただく機会があったんですが、 …

イベントスコミュニケーションズの川中社長に会ってきたら…

売上高が約4億円で総従業員数は33名と決して大企業ではないけれど、経常利益率が1 …

農業はビジネスチャンスの宝庫!?

ちょっと前ですが農業のIT化が進まないことをブログで書きました。 絶対に便利にな …

採れたて!旬のかぶが届きました~!!

「かぶ」と一口に言っても、色んな種類のかぶがあるんです。 こういう仕事に携わらな …

美味しいトマトの簡単に見分けるポイントはココ!

昨日は、シルシルミシルさんデー『2時間スペシャル』でトマト栽培の話が結構な尺でと …

野菜セットがドローンで届けられたらいいよね

すみません、だいぶブログ更新がご無沙汰してました。 いろんなところで「ブログ読ん …

Amazonで野菜を売ることを考えると…

ちょっと古い記事なんですが、Amazonの野菜セットで上位表示されている宮崎県の …