きーたんのブログ

消費者ニーズを知りたきゃキャバクラに行け!

   

僕の知り合いで農業関係の会社の代表をされている方が、しょっちゅうキャバクラに行くらしいんですが、その方曰く…

「北川くん、ぼくがキャバクラに行くのは女の子にうちの商品について意見を聞かせてもらってるんだ。要するにマーケティングなんだよ。」

と、熱弁されました。

これを聞いて、おそらく大半の人はくだらない言い訳としか思わないでしょう。

でも僕は「一理あるなぁ」と思いました。
(もちろん言い訳が90%だとは思いますけど…)

キャバクラで働く女の子って結構アルバイトとか学生の子も多いですよね。
いろんなお客さんと話しもするから流行にも敏感。
さらに言うと、結婚した後に家計の財布を握るのは女性が多くて、増してや食生活を支えるのは大半が女性でしょう。

つまり、キャバクラで働く女性は、
「流行に敏感で、かつ今後の社会の消費のカギを握ってる世代」
というわけです。
だからこそ、そういう人達の生の声というのは商品開発する上では非常に重要な話しを聞ける可能性が高いわけです。

農業に限らず全てにおいて「消費者が何を求めているのか?」というマーケットインの視点が抜け落ちてるものって世の中に溢れかえってます。

何か新しいことを始めようとするときに、ビジネスを仕掛ける側の人ばかりが集まって「消費者はきっとこれを望んでるんだ」なんていう勝手な思い込みで失敗していることは本当にたくさんあります。

マクドナルドでさえ、原田元社長の退任間近の時にはもうネタになるくらい、「消費者はきっとこうだ」という激しい思い込みで次々とキャンペーンに失敗してました…。

「消費は生み出すものだ」なんていう意見もあると思いますが、それだって潜在的ニーズを引き出すものであって、消費者を無視してうまくいくことは絶対ありません。

ビジネスは基本的には、サービスを提供する側と消費する側の2つでなりたっていますが、農業においては「市場」というものがあることで、その感覚が非常に抜け落ちてしまっています。

みなさんは消費者と直接話しをしてますか?
仕掛ける側の人とばかり話しをしてませんか??

ではでは~

 

 - 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
シルシルミシルさんデーの全国スゴすぎスーパー大調査が面白かった!

前は全然テレビ見なかったんですけど、最近意外とテレビを見るようにしています。 受 …

知らなきゃ損する!意外と知らないベビーリーフの秘密!!

みなさん「ベビーリーフ」って何者か知ってますか??? ・・・ 実は!!

2014年 漂流岡山×総社もも生産組合 恒例ミーティング

先日京都に花見に行ってきたんですが、気づけば岡山市内の桜もほとんど散ってしまいま …

笑ってコラえて!の「日本列島ダーツの旅」で新庄村が登場!

テレビをほとんど見ないぼくでも知ってる「笑ってコラえて!」の有名企画「日本列島ダ …

美星町で作ってもらった思い入れ深いカリフラワー

消費者にとってはブロッコリーの方が馴染みもあって、意外と苦手な人も少なくない。 …

no image
「再生産可能価格」って誰のためにあるんでしょうか?

みなさんは「再生産可能価格」という言葉をご存知でしょうか? 僕は恥ずかしながらこ …

ミニトマト生産に今から参入するのは辞めた方がいい

今日、ニュースを見ていたら「三井物産 ミニトマト」の文字が目に飛び込んできました …

海外ビジネスの経験がある方、誰か教えてください!

漂流岡山では岡山の果物(桃やぶどう)をインターネットで販売しており、海外からの問 …

イベントスコミュニケーションズの川中社長に会ってきたら…

売上高が約4億円で総従業員数は33名と決して大企業ではないけれど、経常利益率が1 …

農業の若手は○○歳から

皆さんにとって「若手」って何歳くらいですかね??ぼくがこの業界(農業)に入るまで …