きーたんのブログ

野菜作りで稼ぐために必要なのは美味しく作る技術じゃない

   

昨日なんですが、新規就農を検討されている方に相談を受けました。
(ぼくも偉くなったもんですね(笑)

相談してくださった方は開口一番
「野菜って儲かるんですか?」という質問なわけです。

・・・

「儲かりますか?」って結構無茶な質問ですよね…。
そう質問されたら、ぼくはまず「どのくらいの資本でいくら稼ぎたいか?」と逆質問しないといけません。

昨日、マイファームの西辻さんのインタビュー記事を読みましたが、その中で「1,000㎡(10a)でお米だったら10万円、野菜だったら30万円」と書かれていました。そう、よっぽど付加価値で買わせる以外は農産物には「市況」というものがあって、だいたいこんなもんです。

ぼくが東京にいた時に妻と二人ですんでいた2DKのアパートが40㎡なので、それの25倍の広さの土地があってそんなもんです。

基本的な野菜作りをちゃんとやった上でそんなもんです。

例えばこの白ネギ。

曲がりネギ

白ネギは栽培期間中に適切な時期に「土寄せ」というのを行うことで白い部分(軟白部)ができます。

写真 2013-11-26 15 03 37 (400x300)

しかし、そのタイミングをずらしてしまうと白い部分が短くなったり、1枚目の写真のように曲がったものになってしまい、市場価値が下がってしまいます。

どんなに土づくりをしっかりやって、こだわりの栽培方法で作ったとしても、商品として流通できなければその価値も半減してしまいます。だからこそ、まずはきっちり商品を作る技術というのをまず勉強しないと家族を養うこともできなくなってしまいます。

「自分で作ってもないやつが偉そうに言うな」

なんていう声が聞こえてきそうですが、例えばぼくの立場だと、もともと1シーズンで50万円くらい売り上げる計画が、失敗して全く売上があがらない農家さんを目の当たりにすると、なんか人事じゃないんですよね…。50万円損失ですよ、サラリーマンじゃなかなか無いですよ。
でもぼくが作業できるわけじゃないから、

「失敗して欲しくない、しっかり利益を出して欲しい。だからもっと勉強してほしい。」

そんな風に思うわけです。
もちろん僕自身も努力して、農家さんの利益につながることをやっていかなければいけないとも思ってます。

ではでは!

 - 農業のこと

Comment

  1. どんちゃん より:

    そうなんです。。。
     
    失敗は成功のモト なんて言ってる場合でなく
     
    失敗しないこと、それが一番難しい !!

    • きーたん keyturn-meet より:

      >どんちゃんさん
      若い時はドンドン失敗しても取り返しがつくと思うんですけど、家庭を背負ってたりするとなかなかそうも言ってられないですよね…。
      1億円くらい余剰資産があればいいですけど(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

富士通の食・農クラウド「Akisai」で、農業はどう変わるのか

農業ICTもここまできた! 富士通の「Akisai」導入事例を多数紹介 というニ …

希少な!?岡山県産のデ◯ポン?入荷しました!

岡山県の果物といえば「桃」「ぶどう」この二つが全国区で、他にはイチゴや柿、梨が作 …

ハウス栽培の岡山県産パプリカはかなりレア!

岡山の野菜の特産品といえば、最近は「黄ニラ」が業界内ではだいぶ知名度があがってい …

no image
なぜ農業はIT化が進まないのか…

農業関係者の方にとって「IT化」というのはどういったことが思い浮かぶでしょうか? …

その人は信じられますか?

先日、「慣れるより習ったほうが成長は早い」という記事を書きました。 http:/ …

野菜が売れません!どうなってるの??

どうも、師走にぎっくり腰になってしまい心身ともに凹んでおります…。 どうやら車の …

やまけんさん直伝のトムヤムクンヌードル×山盛りパクチーを実践!

農産物流通業界では全国区のやまけんさんは、全国津々浦々のうまいものを食べ歩いてい …

no image
消費者ニーズを知りたきゃキャバクラに行け!

僕の知り合いで農業関係の会社の代表をされている方が、しょっちゅうキャバクラに行く …

PHILIPSのヌードルメーカーが日本の農業を変える!?

PHILIPSのNoodleMakerが、昨日ガイアの夜明けで取り上げられてまし …

農業の若手は○○歳から

皆さんにとって「若手」って何歳くらいですかね??ぼくがこの業界(農業)に入るまで …