きーたんのブログ

岡山の人は全員1度は読んだほうがいい!《吉備国 「農」の風景》

   

先日、両備ホールディングスのとある方々とお話させていただく機会があったんですが、その時に薦めていただいた本がこれ。

農の風景

元岡山県農業協同組合中央会会長である村上進通氏が書かれたものです。

農業において農業協同組合(JA)という組織については賛否両論ありますが、この本を読んで「こんな本が書ける人ばかりの組織だったら、ものすごい組織になるんじゃないだろうか…」と、考えさせられるほど、非常に岡山の農業に対する熱意・愛情を感じるものでした。

中国地方一の農業県「岡山」

ぼくにとって岡山は生まれ故郷でありながら、28年間住んだことは一度もありませんでした。でもぼくは純血の岡山人です。
昨年岡山に移住を決めたのも、生まれてからずっと岡山に魅力を感じていたから、というのが大きな理由の一つです。今、漂流岡山で農業流通の仕事に携わることで、県内各地の生産地をめぐることで様々な岡山の姿を見てきました。恐らくずっと岡山に住んでおられる方よりも見方によってはかなり詳しくなっていると思います。

都会に住む人から見る岡山の魅力はやはり「自然」だと思います。その自然とは「農」が非常に密接な関係があります。

この本には、そんな岡山の素晴らしい「農」が詰まっています

ご本人が1年間かけて足を運んで取材をしたものがフルカラーになっていて、まともな値段だったら2,500円はくだらないんじゃないか、というようなものすごい濃い内容になっています。(いや、ほんとなんでこれが1000円なんでしょうか?)

岡山のことが好きで岡山に住んでいる方、岡山に興味のある方。是非一度この本を見てみてください。この本を見てぼくは改めて岡山が好きになりました。

 

 - 書評, 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

PHILIPSのヌードルメーカーが日本の農業を変える!?

PHILIPSのNoodleMakerが、昨日ガイアの夜明けで取り上げられてまし …

福祉と農業の可能性

ここ最近2tトラックも乗りこなすようになった僕ですが、意外と軽バンよりも座席自体 …

生鮮ネット宅配Amazon Freshは成功するのか?

アメリカでも「生鮮食品のオンライン販売は最後のフロンティア」と言われてるようです …

やまけんさん直伝のトムヤムクンヌードル×山盛りパクチーを実践!

農産物流通業界では全国区のやまけんさんは、全国津々浦々のうまいものを食べ歩いてい …

no image
勉強を始める前に、効率的な勉強法を学ぶべき

このブログを読んでくださってる方は、仕事をする上でも資格を取る上でも、まだまだ勉 …

OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)のローンチで思ったこと

野菜というキーワードがつくニュースには敏感になってしまうのは職業柄ですね…。 最 …

漂流岡山、半期を終えて…

漂流岡山は4月決算なので10月が終わったところで今年度の半分を終えました。 僕も …

美星町で作ってもらった思い入れ深いカリフラワー

消費者にとってはブロッコリーの方が馴染みもあって、意外と苦手な人も少なくない。 …

2014年 漂流岡山×総社もも生産組合 恒例ミーティング

先日京都に花見に行ってきたんですが、気づけば岡山市内の桜もほとんど散ってしまいま …

知らない土地で新規就農するなら◯◯はしておかないと難しい

この4月より出荷を開始いていただいている牛窓のミニトマト農家さんのところで販促用 …