きーたんのブログ

スーパーで近々買えなくなる岡山県産の野菜がある!?

      2014/02/12

昨日のブログでも少し触れましたが、農産物の価格設定は非常に難しい…。

プリウスは「トヨタ」というメーカーが世の中に送り出すわけだから、1台1台の製造コストは大きくは違わない。品質も基本的には統一されている。

でも野菜は違う。

キャベツ一つとっても、蒔く時期や病気の耐性、味などそれぞれの特性を持った品種が数えきれないくらいある。
さらに、それを作る農家さんも夫婦二人で作る人もいれば、企業の従業員が作る場合もある。

それでも、農業に携わったことのない人にとってはキャベツはキャベツ。

なぜだか農産物を販売するには「生産現場など知ってもらうことで高く売る」みたいな話しをちょいちょい聞きますが、それって消費者が望んでますか?と言いたい。

農産物でも「果物や食用肉」「野菜」は違う。

ぼくは野菜のことに携わっているので、ここでは野菜の話。
スーパーで買うほとんどの主婦の方々は月々の家計のやりくりの中で野菜を選ばないといけない。
外食・中食で必要とされる野菜もどこもシビアな価格競争にさらされているのだから、当然原料コストにもシビア。

だからこそ生産及び流通は安く提供する努力を怠ってはいけない。理想は、

「安く作って高く売る」

ですから。安く作る努力を怠って高く売ることだけを考える産業じゃ長続きしません。

「じゃあ北川くん、偉そうなこというけど野菜の相場ってわかってるの??」
と自問自答した時に、恥ずかしながら今までそれを深く理解しようという努力をしていませんでした。ということで、年末あたりからずっと岡山の野菜の相場をリサーチしておりました。

岡山市のHPに、岡山市場の市況報告があるので、これをもとに全部洗い出しましたよ。
そのデータの数…
・50品目
・80ヶ月分
・岡山県産の品目毎の中値と総取扱、全体平均価格の3種類
合計データ数12,000…。全部一個ずつで作業で取り出しましたよ。なんかプログラムでも組んだらパパっとできるのかもしれませんけど、ぼくのスキルでは手作業でやるしかありませんでした。

岡山市の職員の方、私ちゃんと納税してますのでもうちょっと住民のために2次利用しやすいフォーマットで公開していただけませんかね…。本当に大変でした。

でもこのデータの集合体には岡山の農業を知る上では非常に重要なものだと思ってます。

そんな中でちょっと気づいたことを一つだけ。

ちょっと下の2つのグラフを見ていただきたいんですが…。

きゅうり流通量

トマト流通量

ブログに載せるには情報量が分かりづらいかもしれませんが、それぞれある品目の岡山市場の月別の流通量(7年分)なんです。(縦軸の単位はKg)

農業関係者の方はこのグラフを見ただけでなんの野菜かピンとくる人もいらっしゃるかもしれませんね(^_^;)

これ、上のグラフが「きゅうり」で下が「トマト」なんです。どちらも夏が旬の野菜なので夏場に流通量のピークが来ていますが、どうもそれぞれの月の流通量の棒グラフの形状が違うなぁ、と感じました。

そう!

ここでようやく今日のブログのタイトルの答えにつながるんですが…。

トマトとに比べて、きゅうりが明らかに流通量の現象が著しいんです。
特に顕著な月だと、6月は約半分に…、9月は約1/3に…。

もちろんその年の気候条件によっても収量が落ちるので、一概に決め付けることはできませんが、きゅうりの市場流通量が大幅に減少しているのは間違いありません。
でも岡山県産のきゅうりの値段が高騰しているのかというと、そういうわけでもありません。

きゅうりは収穫のピークを迎える時期は、あっという間に大きくなってしまうので良い状態で出荷するには、朝晩シャカリキになって収穫しないといけません。水分や肥料の管理を怠ってしまうと、すぐに変形したものができてしまい商品価値が下がってしまうので、熟練の農家さんでも非常に苦労する品目の一つです。

トマトと比べるときゅうりの方が需要も劣るので、種苗メーカーとしてはどうしても需要の多いトマトの方が品種改良など研究も活発になってしまうのが正直なところのようです。

もちろん「岡山県産のきゅうりじゃないと!」というニーズもあると思うので、将来的には需要と供給が逆転して、生産者に価格決定権がある程度シフトしているかもしれません。

きゅうりに限らず、こうやってデータを見ているとそれまで感覚的に捉えていた農業も、お天道様便りの栽培から事業計画を立てていきやすくなりますね。

もし、「他の品目のデータを知りたい!」という方は、コメントなりメールなりなんでもお気軽にご連絡くださいm(_ _)m

ではでは!

 - 農業のこと

Comment

  1. みた より:

    集計作業お疲れ様でした…。すごいですね!
    具体的に何に活用しよう!というのは今の所ないのですが是非知りたいです。
    よかったら他の品目についても教えてください。

    • きーたん keyturn-meet より:

      >みたさん
      コメントありがとうございます(^_^)
      いろいろと意見交換しましょう!よかったらメールか何かでご連絡いただけたら幸いですm(_ _)m

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ようやく完成…、来週は大一番ですね。

いやー、これまで漂流岡山で仕事をしてきて作ってきた資料の中でトップクラスにしんど …

Oisix(オイシックス)がサラダデリバリーオフィスを始めたって

先日の14年3月期の決算で見事創業から13期連続増収という、食品通販大手のオイシ …

漂流岡山はファビュラス・ムーラだ!!!

今日の僕と社長の会話。 僕 「社長、漂流岡山ってこれまで問屋とか卸っていう位置づ …

ナスも植物、生態を理解しないとうまく栽培できないんです

岡山では千両茄子という品種が有名ですが、それは基本的にハウスで栽培されています。 …

no image
「再生産可能価格」って誰のためにあるんでしょうか?

みなさんは「再生産可能価格」という言葉をご存知でしょうか? 僕は恥ずかしながらこ …

極早生(ごくわせ)桃の「はつおとめ」が出荷しました!

これまで漂流岡山が一番最初に出荷していた桃は「はなよめ」という品種で、だいたい6 …

野菜が売れません!どうなってるの??

どうも、師走にぎっくり腰になってしまい心身ともに凹んでおります…。 どうやら車の …

no image
農業も作って売るだけがビジネスモデルじゃないですよ!

今日は野菜生産のスペシャリストと半日ずっと行動してました。 スペシャリストって、 …

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目 http:/ …

OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)のローンチで思ったこと

野菜というキーワードがつくニュースには敏感になってしまうのは職業柄ですね…。 最 …