きーたんのブログ

農業も作って売るだけがビジネスモデルじゃないですよ!

   

今日は野菜生産のスペシャリストと半日ずっと行動してました。

スペシャリストって、どれくらいすぺしゃるなの?って言うと、岡山大学の農学部から70を過ぎる今現在に至るまでの50年以上、ずっと農業研究及び指導をされてます。

そんな先生にある時質問したんです。
「先生ってご趣味は何かあるんですか??」と…。

そうしたら帰ってきた答えは、
「うーん、なんでしょうねぇ…。何もないから農業ということにしておきましょうか^_^」

!!!(; ̄O ̄)

凄すぎます…。
これを天職と言わずになんと呼びますか…。

そんな超絶農業スペシャリストの方の知識は本当に素晴らしくて、僕が運転しながらいろいろ話しを聞かせていただくんですが、まぁ本当に話しがためになるためになる。

農業の裏話なんかもたくさん聞けるわけですが、ここではとてもじゃないけど書けないことも多くて…

そんな中で今日は、お話しできる内容をピックアップ。

みなさん「育成品種」という言葉はご存知でしょうか?

農業関係者以外では知るわけないですね(笑)

分かりやすく言うと「植物の特許」みたいなもので、新しい品種を開発した場合に農林水産省に届けると認可が下りるという仕組みです。

育成品種に認定されることによって、研究に費やした機関や自治体にリターンがあるわけなんですが、そのリターンが大きく二つに分かれます。

一つは「誰も他の人はこの品種使っちゃいけませんよー」というものと、もう一つは「どんどんうちの品種使っていいですよー、その代わりロイヤリティくださいねー」というパターン。

具体的にはイチゴの品種「あまおう」と「とちおとめ」が代表例としてあげられます。

あまおう

品種名としては「福岡S6号」で、「あまおう」は商標として権利化しています。これにより、品種としてだけでなく飲料などを含めた加工品全般においても「あまおう」という名前を使って他の人が使えないようにしています。
そうすることで「あまおう」というものがブランド化していくわけで、価格維持を目狙っています。

とちおとめ

一方で「とちおとめ」は品種名として登録されており、栽培して人が誰でも「とちおとめ」として販売できるようになります。市場には全国のとちおとめが流通することにより、「とちおとめ」の認知度が広がりよりたくさん流通させることで、利益をもたらすことを狙っています。

どちらのモデルも一長一短あるので正解はありません。作ったもの自体に利益を産ませるのか、作ってもらうことを利益とするのか、農産物生産でもこうした違ったビジネスモデルがあるんだな、と感じさせられました。

最後に

昨今頻繁にとりあげられている異業種の農業参入も、作るだけじゃなくて研究機関に資金投入することで「より良い品種」を開発することで、農業に貢献するという農業参入でもいいんじゃないかな、と感じたわけであります。

どうも農業においてはうまく産学連携できていないようなので…
では、今日はこのへんで〜

 - 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岡山の観光農園「七区いちご園」のいちごがスーパーに並びます!

先日、七区いちご園さんからお問い合わせをいただき、商談にお伺いしてきました。 ⇒ …

no image
なぜ農業はIT化が進まないのか…

農業関係者の方にとって「IT化」というのはどういったことが思い浮かぶでしょうか? …

知らなきゃ損する!意外と知らないベビーリーフの秘密!!

みなさん「ベビーリーフ」って何者か知ってますか??? ・・・ 実は!!

減反廃止生き残る農家はどれくらいいるのか…

先日、減反政策廃止のニュースが大々的にとりあげられていました。 http://w …

美味しい苺(いちご)の見分け方、聞いてきました

気づけば今年もあと2週間。みなさん、師走ってますでしょうか? 12月といえば「ク …

2014年 漂流岡山×総社もも生産組合 恒例ミーティング

先日京都に花見に行ってきたんですが、気づけば岡山市内の桜もほとんど散ってしまいま …

美星町で作ってもらった思い入れ深いカリフラワー

消費者にとってはブロッコリーの方が馴染みもあって、意外と苦手な人も少なくない。 …

いよいよ始まりました!露地栽培の岡山県産の桃が初収穫!

さて、みなさんお待ちかね!ついに桃のシーズンが始まりました! 「え?岡山の桃って …

脇芽セロリってどうですか??

みなさん、セロリスティックとか食べたりします?? 僕、実は野菜の中ではセロリがト …

OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)のローンチで思ったこと

野菜というキーワードがつくニュースには敏感になってしまうのは職業柄ですね…。 最 …