きーたんのブログ

ヨーカドーの「顔が見える野菜」事件で思う、不勉強な消費者

      2015/11/22

イトーヨーカ堂の「顔が見える野菜」で長野と北海道に同姓同名の人物がいることが発覚→ただのキノコメーカーの役員が自分の名前を出しただけで地域関係ないというカラクリ

http://goo.gl/mme55X

ホクトのきのこ

いや~、このニュースはいろいろ考えさせられますよね、農産物の流通やってる立場でいうと。

この問題の本質は、「顔が見える野菜」の定義が消費者と販売側で異なっているということ。

おそらく消費者からすれば、「顔写真がのっている人がこれを作っているんだ!」と思いますよね。でも、流通側の意図としては「市場から仕入れたものではない、契約農家から仕入れたもの」ということになります。

せっかくなので流通側の意見として言わせていただきますが、そもそもみなさんが口にしてる農産物は、完全に一人が作っているものはほとんどありません。道の駅なんかの直売所に出ている野菜なんかは、完全に一人がやっているものもあると思います。でもそれなりの規模で農業をされてる方だったら、家族や近所の人に手伝いをしてもらってます。

もし「きーたん農園」として野菜を作っていて、収穫から商品化までを10人のパートさん雇ってたらそれは、ぼくが作った野菜として認められないのでしょうか?
今回はホクトという大規模な農業生産法人※従業員数998名(パート含む3,282名)だったから、消費者に認めてもらえないのか?じゃあ、パートさん何人までだったら消費者のみなさんは「顔が見える野菜」として認められますか?そんなガイドライン入ります?

「顔が見える野菜」については、栽培履歴(肥料や農薬の回数などといった情報)が見える化されている農家さんと直接契約することで、その情報が消費者の方でも簡単にインターネットで見ることができるということがメリットの一つであると思います。

というか、大半の消費者の方々は、毎回買った野菜の栽培履歴が見たくてて「顔が見える野菜」を買ってるのかというと、そんなことは無いでしょう。

なんとなく「顔が見える野菜は安心」っていう思い込みが勝手に植え付けられてるだけ。

イトーヨーカドーに限った話しじゃないですが…

「生産者の顔が見える」=「安心・安全」という保証ではないです

ほんのちょっと農業のことを勉強するだけで、そういう誤解は生まれないと思います。
こんないろんな情報が入り乱れてる世の中だからこそ、農業に限らず消費者はもうちょっと勉強が必要だと思います。
批判するのは勝手ですけど、結局知らないことで「だまされた~!くそ~!!!」ってなるのは自分ですからね。

では今日はこのへんで。

 - トピックス, 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岡山でこれから増えるのは野菜?それとも…?

今日は久しぶりに真面目に農業の話しです。是非農業関係者の方にはいろいろとご指導い …

OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)のローンチで思ったこと

野菜というキーワードがつくニュースには敏感になってしまうのは職業柄ですね…。 最 …

岡山に来たら「サワラ」を必ず食うべし!

そもそも関東の人にとっては、岡山県がどこにあるかも認知されていないことが多いとい …

牛窓オリーブ園行ってみたら意外とよかった話

今日はまだ2月なのに、初春の陽気で気持ちよかったですね〜。 ぼくの住んでる西大寺 …

遅ればせながらモバイル決済「Square」を使ってみました。

アメリカはカード社会だけど日本はそれほどではない、という話をたまに聞きます。 で …

no image
なぜ農業はIT化が進まないのか…

農業関係者の方にとって「IT化」というのはどういったことが思い浮かぶでしょうか? …

極早生(ごくわせ)桃の「はつおとめ」が出荷しました!

これまで漂流岡山が一番最初に出荷していた桃は「はなよめ」という品種で、だいたい6 …

24時間テレビで岡山在住の僕に舞い降りた小さなキセキ

今年の24時間テレビのテーマは 小さなキセキ、大きなキセキ 普段あまりテレビを見 …

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目 http:/ …

農家さんが耕作放棄地でも簡単に畑を貸したがらないのにはちゃんと理由がある

いろんなところで話し聞くんですよ、 「農業始めたいけど農地がなかなか借りられない …