きーたんのブログ

Amazonで野菜を売ることを考えると…

      2015/11/22

ちょっと古い記事なんですが、Amazonの野菜セットで上位表示されている宮崎県の生産者グループ「百姓隊」さんが、NHKのNEWSWATCH9という番組に取り上げられていたのが文字起こしされていたので、読んでみました。

 「農家が挑むネット販売 成功のカギは」

記事原文を読む
要点としては、

「インターネットで売る、というのは別に売る側が楽になるわけではなくリアル店舗と同じか、それ以上にお客さんとコミュニケーションを大切にしなければならい」

ということ。
漂流岡山も13年間果物をインターネットで販売していることもあって、その点についてはつくづく実感します。

インターネットって代金支払いや個人情報の入力を便利にするという面はあっても、お客さんとのコミュニケーションを簡単にしてくれるわけではないんですよね。
むしろリアル店舗と比べて、実物が見れなかったり販売員が見れなかったりと、お客さんからしたら不安な部分の方が多いわけです。

Amazon自体はもともとインターネットでの書籍販売から始まっていたこともあり、商品の見せ方がシンプルなものにとっては見やすいものになっていますが、野菜を売ろうとするには見せ方に制限があってなかなか難しいのが正直なところ。

お米なんかは長期在庫も可能なので、FBAなんかも活用されていて平成25年産秋田県産あきたこまち5kgが送料込みで1,880円で売ってたりします。
お米って大半の人は袋を手にとって、「あっ、これは精米しすぎてるなぁ」とか「米の粒が揃ってないなぁ」なんてことは気にして買ってなくて、そんなことより「5Kgのお米持って帰るの大変」っていう人の方が多いので、商材としてAmazonに合ってます。

じゃあ野菜をAmazonで売るのは諦めたほうがいいかというと、そうは思ってません。
そもそもインターネットショッピングはAmazonでしかほとんどしない!っていう人もいますし、これからもそういう人達は増えてくると思います。
(ぼくもこっそりAmazonのクレジットカード作っちゃいましたし。)
やっぱり「圧倒的な便利さ」というのは消費者にとって圧倒的なメリットですからね。

Amazonでは小手先のテクニックで上位表示されることは難しいので、基本的にはたくさん売ってお店自体の評価をいい状態でキープする。という以外にはほとんど無いと思ってます。
(あとは写真の見せ方ですね。)

まだまだ試行錯誤しております。
買っていただかなくてもいいので、「もっとこういう風にしたらいいんじゃないの?」みたいな意見もどんどんいただけると嬉しいです。

 

 - Webのこと, 知恵袋, 農業のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヨーカドーの「顔が見える野菜」事件で思う、不勉強な消費者

イトーヨーカ堂の「顔が見える野菜」で長野と北海道に同姓同名の人物がいることが発覚 …

イベントスコミュニケーションズの川中社長に会ってきたら…

売上高が約4億円で総従業員数は33名と決して大企業ではないけれど、経常利益率が1 …

イオンが米生産を始めることがなぜ「聖域」を犯すと言われるのか

日本の“聖域”コメ作りにイオン参入へ 農家の葛藤に海外メディア注目 http:/ …

ミニ白菜「お黄にいり」(タキイ種苗)の栽培について打合せをしてきました

一般的な白菜というとだいたいスーパーでよく見るサイズは2Kg~3Kgくらいのもの …

農家さんが耕作放棄地でも簡単に畑を貸したがらないのにはちゃんと理由がある

いろんなところで話し聞くんですよ、 「農業始めたいけど農地がなかなか借りられない …

ハウス栽培の岡山県産パプリカはかなりレア!

岡山の野菜の特産品といえば、最近は「黄ニラ」が業界内ではだいぶ知名度があがってい …

no image
シルシルミシルさんデーの全国スゴすぎスーパー大調査が面白かった!

前は全然テレビ見なかったんですけど、最近意外とテレビを見るようにしています。 受 …

想像以上の結果が出ちゃいました!!!

どうもどうも、ここ最近まーったく農業ネタを発信できておらずすみません。 というの …

岡山でこれから増えるのは野菜?それとも…?

今日は久しぶりに真面目に農業の話しです。是非農業関係者の方にはいろいろとご指導い …

美星町で作ってもらった思い入れ深いカリフラワー

消費者にとってはブロッコリーの方が馴染みもあって、意外と苦手な人も少なくない。 …